電子ピアノの買取相場価格はいくら?

電子ピアノの買取相場価格はいくら?

音楽を演奏する方法としてピアノがありますが、一般的なタイプではなく電子ピアノを使用している人も多くいます。
様々な音色を自由に演奏する事が出来ますが、手放す際には買取サービスを利用するのがお得です。
単純に処分するとなるとは異なり、買取サービスであれば現金に変える事が出来ます。
実際に電子ピアノを買い取ってもらう際の相場ですが、本体自体の年式によって大きく異なります。
販売されてから数年程度であれば人気があり需要もあるので、高値で回ってもらえるケースが多いです。
買取相場自体は同じ型の中古販売価格を調べ、使用した年数にあわせた掛け率を計算する事である程度予想する事が出来ます。
販売から2年程度であれば掛け率は0.3から0.4で判断する事が可能です。
3年から8年程度であれば掛け率は0.2から0.3程になり、9年以上前の販売製品となると掛け率は0から0.2と下がります。
販売されてから年数が経過した種類になるほど、買取額は安くなると判断出来ます。

ピアノには世界三大と言われるブランドがある

ピアノというと「グランド」「電子」などしか知らない、と言う人もいるでしょう。
実際に色々なブランドがあるため、その名前や形によってまったく価格や音にも違いがあります。
スタインウェイ&サンズ(STEINWAY&SONS)・ベーゼンドルファー(Bosendorfer)、ベヒシュタイン(C.BECHSTEIN)の3つが「世界三大」だと言われています。
スタイン&サンズは「世界最高峰のピアノを作る」という理念があり、頂点に君臨し続けているトップメーカーです。
多くのピアニストにも愛される、歴史と実力ある会社です。
またオーケストラを思わせる響き「ウィンナー・トーン」を持つ、音楽の都ウィーンの芸術的なブランドを作成しているのがベーゼンドルファーです。
ピアノのストラディバリウスとも言われている「音の透明感が素晴らしいドイツ最大」のピアノがベヒシュタインです。
世界三大以外にも、調律で美しい音を奏でるメーカーの種類もありますが、音楽を嗜む人にとってこれらは憧れの存在だといえます。

著者:森島良男

筆者プロフィール

山口県山口市生まれ。
幼少期からピアノが趣味。
ピアノに関するお役立ち情報をネットで発信しています。